【Road to London】2018 Nitto ATP Finals出場権争い展望(Paris MS前)

錦織が怒涛の追い上げを見せ、ツアーファイナルズ出場権争いも最後までもつれ込む展開となりました。残るはパリMS1大会のみ。泣いても笑っても1大会のみです。

画像出典:https://www.atpworldtour.com/en/tournaments/nitto-atp-finals/605/overview

スポンサーリンク

1.現状の整理

まずは現状を整理しましょう。パリMSでの成績とポイントを一覧表にしてみました。プロ野球の優勝ラインによく使われる形式です。上の段がより高ポイント、同じ段なら左がより高ポイントです。

この上にナダル、ジョコビッチ、フェデラー、デルポトロ、サーシャ、アンダーソンがいるので、この表の中から2名、デルポトロ欠場なら3名となります。

正直、デルポトロが出場できる可能性は限りなく低いと思いますが、公式に発表されるまでは決めつけたくないので、両パターン書いていきます。

2.パリMSのドロー確認

※Ranking,Race Rankingは10/22付(ウィーン、バーゼルなどは未反映)、その他はウィーン、バーゼルの準決勝まで反映。

いつもの形式で、ドローを確認していきます。出場権争いの対象となる4選手をオレンジで、優勝すれば絡む可能性がある2選手を黄色で示しています。デルポトロが欠場する場合も含め、13位以下の選手には可能性がなくなりました。(2名以上欠場者が出た場合は別ですが、当記事ではデルポトロ以外の欠場は考慮しません。)

[5]チリッチ[6]ティエム[8]イズナー[10]錦織が各Qに分かれ、[11]チョリッチはティエムの山(R16で激突)、[13]フォニーニは錦織の山(QFで激突)となりました。ここら辺も「かつ」条件などを考える上で重要なので、しっかり確認しておきましょう。

今回はドローの詳しい解説は割愛します。

一応事実だけ書いておくと、イズナーはものすごく得意な大会です。ここ3年間だけでも、フェデラー、チリッチ、デルポトロ、ディミトロフなどを破っています。チリッチもやや得意、ティエムは苦手な大会と言えるでしょう。錦織は、伝説の2014はSFまで進出していますが、あの時も決して内容が良かったという感じでもないので、総じて相性はあまり良くないと言えるでしょう。相性だけでいうと、イズナー>チリッチ>錦織>ティエムという感じでしょうか。

3.各選手の条件まとめ(デルポトロ出場の場合)

念のため、先ほどの表を再掲しておきます。この中から2選手となります。

●チリッチ

自力での条件はSFです。対象者との直接対決は発生しませんが、[2]ジョコビッチがいるQなので他の選手以上にSFは難しいかもしれません。

QFの場合:錦織W かつ ティエムFの場合のみ×、それ以外は○

(イズナーWの場合、ティエムFとは両立しなくなるため○となる。)

R16の場合:錦織W かつ ティエムFの場合のみ×、それ以外は○

R32の場合:「イズナーW」「錦織W」「ティエムSF以上」のうち2つ以上が同時に起こる場合のみ×、それ以外は○

W、F絡みの「かつ」条件ばかりなので、当確に近いと言えるでしょう。決勝のカードを限定できるR16以上までは最低でも勝ち進みたいところです。

●ティエム

自力での条件はFです。

SFの場合:「イズナーW」「錦織W」「チリッチR16以上」のうち2つ以上が同時に起こる場合のみ×、それ以外は○

QFの場合:イズナーW or 錦織F以上で×。イズナーF以下 かつ 錦織SF以下で○

R16の場合:イズナーF or 錦織F以上で×。イズナーSF以下 かつ 錦織SF以下で○

R32の場合:イズナーF or 錦織SF以上で×。イズナーSF以下 かつ 錦織QF以下で○

SFまで行けば当確と言っていいでしょうが、R32だと逆転される可能性も多少残ります。少なくとも1勝して、錦織の条件をFにしておきたいところでしょう。

●錦織

自力での条件はWです。

Fの場合:ティエムSF以上 orイズナーWの場合のみ×。ティエムQF以下 かつ イズナーSF以下で○

SFの場合:ティエムR16以上 or イズナーF以上で×。ティエムR32 かつ イズナーSF以下で○

QF以下の場合:×

SFでもティエムが1コケしないといけないので厳しいです。実質、決勝進出が必要となりそうです。

●イズナー

自力での条件はWです。

Fの場合:ティエムQF以上 or 錦織Wで×。ティエムR16以下 かつ 錦織SF以下で○

SF以下の場合:×

とにかく決勝まで行かないと話が始まりません。苦しい苦しい戦いを強いられることになります。

●チョリッチ、フォニーニ

結果によらず×です。

●まとめ

アンダーソン当確、チリッチもほぼ当確、ティエムもかなり濃厚と言えるでしょう。錦織イズナーは決勝まで進出して、一縷の望みを繋ぎたいところです。

4.各選手の条件まとめ(デルポトロ欠場の場合)

念のため、先ほどの表を再掲しておきます。この中から3選手となります。

●チリッチ

○確定です。

●ティエム

自力での条件はSFです。

QFの場合:イズナーW かつ 錦織Fで×。イズナーF以下 or 錦織SF以下で○

R16の場合:イズナーvs錦織の決勝の場合のみ×。イズナーSF以下 or 錦織SF以下で○

R32の場合:イズナーF かつ 錦織SF以上で×。イズナーSF以下 or 錦織QF以下で○

イズナーが決勝進出できなければ即決まりなので、可能性は十分高いでしょう。錦織の条件も決勝進出にできるよう、1勝は最低でも確保したいところです。

●錦織

自力での条件はWです。

Fの場合:ティエムSF以上 かつ イズナーWで×。ティエムQF以下 or イズナーF以下で○

SFの場合:ティエムR16以上 かつ イズナーF以上で×。ティエムR32 or イズナーSF以下で○

QFの場合:イズナーSF以上で×。イズナーQF以下で○

R16の場合:イズナーSF以上 or チョリッチWで×。イズナーQF以下 かつ チョリッチF以下で○

R32の場合:イズナーQF以上 or チョリッチW or フォニーニWで×。イズナーQF以下 かつ チョリッチF以下 かつ フォニーニF以下で○

最低でも1勝を挙げて、イズナーの条件をSF以上にしておきたいですね。SFまで行ければかなり濃厚となりそうです。

●イズナー

自力での条件はWです。

Fの場合:ティエムQF以上 かつ 錦織Wで×。ティエムR16以下 or 錦織SF以下で○

SFの場合:錦織SF以上で×。錦織QF以下で○

QFの場合:錦織R16以上 or チョリッチWで×。錦織R32 かつ チョリッチF以下で○

R16以下の場合:×

QFの場合の条件は錦織が1コケしなければならず、厳しいでしょう。SFまで勝ち進むことができれば、光は見えてきます。

●チョリッチ

Wの場合:錦織R16以下 かつ イズナーQF以下の場合のみ○、それ以外は×

F以下の場合:×

とにかく優勝するしかありません。

●フォニーニ

Wの場合:錦織R32 かつ イズナーR16以下の場合のみ○、それ以外は×

F以下の場合:×

とにかく優勝するしかありません。

●まとめ

ティエムまではほぼ当確。錦織イズナーで最後の一枠を争う展開となります。やや錦織有利ではありますが、イズナーとしても完全に射程圏内ではあるでしょう。

スポンサーリンク